ロッソインデックス

MMORPG『Shaiya』を運営していた会社は『ロッソインデックス』というものになる。現在は親会社である『インデックス』が民事再建法の適用で日本のゲームブランド会社『アトラス』に吸収されてしまっているので、現在では活動実体の無い状態になっているが、以前までは『Shaiya』を含む様々なオンラインゲームを提供していた。

中には終了してしまったものもあるが、稼働中の作品については運営件を株式会社『ウィローエンターテインメント』に移譲した。解散前には日本のアニメ製作会社『GONZO』と連携して、オンラインゲームのテレビアニメ化や、アニメ提供各社とのコラボレーションにて、様々なキャンペーンを展開して精力的に活動をしていた。

今人気のオンラインゲームベスト3!

沿革

ロッソインデックスは様々な変遷を経ていることもあるので、順々に歴史を振り返っていこう。

ネットゲームセンター(NGC)時代

2002年8月
株式会社デジタルアドベンチャーが「ネットゲームセンター(NGC)」プロジェクト説明会を開催
2003年10月
MMORPG「ナイトオンライン」のオープンβテストを開始。

テラ・コーポーレーションオンライン事業部時代

2004年3月
サービスのリニューアルと称してポータル形式を廃止、各ゲームタイトル毎の個別サービスに切り替わる。(が、ナイトオンラインの管理はテラ・コーポレーションに移り、それ以外のサービスは全て打ち切られたのでネットゲームセンタープロジェクトの事実上の終了とも見える)
2004年5月
ナイトオンラインの正式サービスを開始。月額固定料金で、無料体験期間あり。
2004年11月
ナイトオンラインの料金体系を基本無料のアイテム課金に変更。

ワープゲートオンライン時代

2005年8月
テラ・コーポレーションのオンライン事業部が独立。株式会社ワープゲートオンライン設立
2005年9月
GDHがワープゲートオンラインの株式を100%取得。GDHの完全子会社となる。

GONZOロッソオンライン時代

2005年11月
「ワープゲートオンライン」から「ゴンゾロッソオンライン」へ社名変更。ハドソンの運営するオンラインゲーム『Master of Epic -The ResonanceAge Universe-』(以下Master of Epic)での業務提携を発表。2006年春より共同開発。
2006年2月
ハドソンより「Master of Epic」の運営移管、月額課金方式から基本無料&アイテム課金方式へ方針転換。
2006年2月 
『Master of Epic』の個人情報1,373名分を『ナイトオンライン』のパッチサーバー上に暗号化しないままアップロードして流出させる。公開FTPサーバーに個人情報を置いていたことは早くから指摘されていたにもかかわらず、当初は「ハッキングによる流出」と発表していた。
2006年3月 
『ナイトオンライン』のイベント当選者26名に当選を通知するメールを送信する際、担当者がCCに26名のメールアドレスを書いて送信した。これにより26名分のメールアドレスが流出。氏名や住所などの情報は流出していないとしている。
2006年3月
『ドルアーガの塔』のオンラインゲーム化権を取得、オリジナル版開発元であるナムコの監修の元、『ドルアーガの塔 ~the Recovery of BABYLIM~』の開発と2007年後半にサービスを開始すると発表。
2006年5月
「Master of Epic」が基本無料&アイテム課金方式で正式サービス開始。
2006年8月
GDHが発表した2006年の第1四半期の決算では、『ナイトオンライン』などのオンラインゲーム事業が好調で収益に貢献した。売上高は1億6200万円(464.7%増)となった。
2006年8月
GDHグループ事業戦略及び資本政策の見直しという名目でエヌ・アイ・エフSMBCベンチャーズ株式会社の運営するファンドに株式の16%を譲渡。
2006年11月
人事異動で新しい役員体制となる。
2007年1月
「Master of Epic」のTVアニメーション放送開始。オープニングテーマは声優ユニットの「クローバー (声優ユニット)」。
2007年1月
韓国ENIUM社とゴンゾロッソオンライン間で、オンラインゲーム「MayPan(仮称)」の日本国内での運営ライセンス契約を締結。
2007年2月
オンラインゲーム事業の情報システム基盤強化を目的として、企業情報システム事業を手がける「TIS (企業)」との業務提携を発表。TISからシステム支援サービスの提供及び出資をうけることを決定。
2007年3月
情報セキュリティマネジメントシステムに関する国際規格「ISO/IEC27001:2005」の認証をオンラインゲーム業界初取得。
2007年3月
「ナイトオンライン」「Master of Epic」のサーバ機器を移設。
2007年3月
「ゴンゾロッソオンライン」とメディア系事業やコンテンツ制作系事業を手がける「Gクリエイターズ」が事業統合。

ゴンゾロッソ時代

2007年3月
「ゴンゾロッソオンライン」から「ゴンゾロッソ」へ社名変更。
2007年6月
株主総会にて、役員選任。
2007年7月
韓国SONOV社とゴンゾロッソ間で、オンラインゲーム「シャイヤ」の日本国内での運営ライセンス契約を締結。
2007年8月
自社によるプロデュース、株式会社ヘッドロックが開発を手掛けるオリジナルMMORPG「パンドラサーガ」を発表。
2007年8月
オンラインゲーム「MayPan(仮称)」の正式タイトルが「メイフマスターズ」に決定。公式サイトをリニューアル。
2007年9月
オンラインゲーム「パンドラサーガ」と「ドルアーガの塔 ~the Recovery of BABYLIM~」の公式サイトをオープン。
2007年11月
オンラインゲーム「シャイヤ Shaiya -Light and Darkness-」正式サービス開始。
2008年1月 
オンラインゲーム「シャイヤ Shaiya -Light and Darkness-」メールマガジンの送信テスト中、誤って会員2960人に件名「CSVテスト」文面「テスト」のメールを送信。
2008年2月
オンラインゲーム「パンドラサーガ」正式サービス開始。
2008年4月
オンラインゲーム「ドルアーガの塔 ~the Recovery of BABYLIM~」正式サービス開始。
2008年4月
Gamania Digital Entertainment Co., Ltd.と提携し「パンドラサーガ」を中国・台湾・香港等での展開を発表。
2008年7月
オンラインゲーム「RAN ONLINE」の国内運営ライセンスを取得。
2008年9月
会員限定の優待ラウンジ 『VIA ROSSO』を発表、ポイント移動や『たころぉんらいん』を始めとする限定ミニゲームなど、プレミアサービスを提供。
2008年9月
ゲーム・エキサイトから「アルティメット学園「乱」」の運営移管、「RAN ONLINE」として運営を開始。
2008年10月 
オンラインゲーム「メイフマスターズ」プレオープンβテスト開始。
2009年3月31日 
GDH(現:ゴンゾ)所有株式の全てを中小企業サービス機構に売却しグループ離脱。
2009年10月30日
中小企業サービス機構が保有する株式全てをアトラスに譲渡し、同社の子会社となる。

ロッソインデックス時代

2009年2月1日
「ゴンゾロッソ」から「ロッソインデックス」へ社名変更。社名以外に変更点は存在しない。
2012年5月1日
すべてのオンラインゲームの配信事業・モバイル事業を、株式会社ウィローエンターテイメントへ譲渡

提供していたサービス

解散していたことにより、運営していたMMORPGも公式サイトは一時的に閉鎖されたものの、『Shaiya』以外のゲームに関してはウィローエンターテインメントが引続きサービスの提供を勧めている。

Master of Epic -The ResonanceAge Universe-

2006年2月
ハドソンから運営移管。同年5月16日よりアイテム課金を開始。

シャイヤ Shaiya ETERNITY

  • クローズドβテストを2007年10月に実施
2007年11月
オープンβテストを開始
2007年11月13日
正式サービス開始

パンドラサーガ

2007年11月
クローズドβテストを順次実施
2008年2月16日
オープンβテストを開始
2008年2月21日
正式サービス開始
  • Gamania Digital Entertainment Co., Ltd.と提携し「パンドラサーガ」を中国・台湾・香港等で展開すると発表。

ドルアーガの塔 ~the Recovery of BABYLIM~

2007年12月
クローズドβテストを開始
2008年3月
オープンβテストを開始
2008年4月1日
正式サービスを開始
2008年4月
TVアニメーションの放送を開始

アルカディアサーガ

2009年12月
正式サービス開始

提供終了サービス

「ゴンゾロッソ」として関与していたタイトル

ナイトオンライン
2008年5月8日に契約満了にてエムゲームジャパンに運営移管
メイフマスターズ
2009年7月10日を以てサービス終了
VIA ROSSO
2010年7月31日
以てサービス終了(同サイト提供の各種ゲームも同時終了)

「ネットゲームセンター (NGC) プロジェクト」としてテラ・コーポレーションが関与していたと思われるタイトル

ヘルブレス
2003年12月22日にサービス休止
ドラゴンラージャ
2003年12月22日にサービス休止。 2005年7月から株式会社KESPIが運営中。
チェティックス
2003年12月22日にサービス休止
ファイナルゴル
2003年12月22日にサービス休止
スージーキュー
2003年12月22日にサービス休止
Gunbound
2004年2月末にサービス休止
エポックオンライン
2004年2月末にサービス休止
イナシアド
2004年2月末にサービス休止
Icebreak
2004年2月末にサービス休止
エンジェルオブサイレンス
2002年12月に提供開始を予定するも開始できず
アルカルディアン
2002年12月に提供開始を予定するも開始できず
AssultEX
2002年12月に提供開始を予定するも開始できず
Cyber囲碁
後継サービスに移行
God of Fishing
2004年2月末にサービス休止
Outpost
2004年2月末にサービス休止
All of Racing
2004年2月末にサービス休止
オンラインゲームならボイスチャット!
     旭屋の神戸牛は「ひとくち食べると思わず笑顔がこぼれる魔法の牛肉」。ただ肉を切っているだけでなくお客様個々の好みをうかがい、いつも『美味しい』と言っていただける最高のお肉をお届けする。それが旭屋店主の務めです。