パンドラサーガ.2

国家

プレイヤーは『記憶を失った兵士』という設定となっており、最初の頃は中立アスティアを拠点に活動することになる。その後、各国の入り口にいる兵士BPCに話しかけることで、その国の所属することが出来るようになる。国家に所属するレベルに制限は無いため、初期レベルでも国家に所属することは可能となっているが、国家に続く道には比較的レベルの高いモンスターが徘徊しているため、ある程度まで熟練しておかないと、一人では討伐できない。
また、国家に所属しなくてもゲームを続けることが出来るが、国家に所属しているプレイヤー専用のマップにいけない、クランに所属できないなどの問題があるため、多くの場合いずれは国家に所属することになる。

今人気のオンラインゲームベスト3!
中立領アスティア
どの国にも所属していない中立国で、三国間の関係が何とか保たれている。序盤ではこの街を中心に活動することになるが、中盤からは三カ国へと移動することになる。国ではないが、設備や住民の規模は一国とそう大差は存在しない。また、国家同士の戦闘が禁止されているため、国家に所属した戦士でも訪れることが出来る唯一の場所である。
聖フェルシュタイン王国
緑豊かなニールシュタット平原に首都を構えていて、古代ローマの雰囲気を持つ王国。国家のカラーは平原から来る『緑』をイメージカラーとしている。宗教信仰の強い厳格な封建制国家であり、多くの聖職者、聖騎士が生活しており指導者や有力者も皆聖職者となっている。
北方氏族連合ヴァリク
ヨルティオ山脈に囲まれた一体に首都を構え、中世ヨーロッパをモチーフとして、山岳地帯の氏族による連合体国家となっている。国家カラーは空に近いこともあって『青』をイメージカラーとなっている。高位の魔術師達による『賢者の会議』によって統治されている。
ラトゥーガ帝国
ヒムラート砂漠に首都を構え、街並みにアラビアの雰囲気を持っており、砂漠と岩に囲まれた帝政国家となっている。国家カラーは灼熱の太陽をイメージした『赤』としている。工程を頂点に元老院による中央集権体制が布かれている。

対人戦

このゲームは特に対人戦に力を入れており、以下の場所・方法で対人戦 を行う事が出来る。

大規模戦争
三つの国家が同時に戦闘を行う大規模な対人戦を行う国家間戦争。基本的には専用マップで、拠点を奪い合いながら戦う。
廃都三国戦
1国50人まで参加でき、1時間に渡って戦闘が行われる。参加にはLv30以上で国家に所属している必要がある。この戦争には城が配置されており、10分後とに国家が取得している城の数によってポイントが上下している。
ジークヘイム攻防戦
1国200人まで参加可能で、2時間にわたって戦争を行う。基本的なルールは廃都三国戦と同じだが本陣が設定され、本陣を破壊されると敗北となるといった追加要素がいくつかある。傘下にはLv45以上で国家に所属している必要がある。
セイカヴァリエ攻城戦
4つの城を巡って、各国家クラン単位での戦闘が2時間に渡って繰り広げられる。最大で各国20クランが参加できる。
レルムゼロット起動演習
『ゼロット』と呼ばれるこの戦争専用のモンスターを倒していく戦争で、正規兵の参加人数は80人となっている。戦争の結果は、領土侵攻戦にも影響してくるので気が抜けない戦いとなっている。ゼロットの出現数は30匹と決まっているため、これを多く倒した国の勝ちとなる。討伐数が同じ場合は、最後の一匹をどこが早く倒したかによって上位を決める。
領土侵攻戦
防衛国家とその国家を除いた2カ国の内、レルムゼロット起動演習で上位になった国家が侵攻国家となって参加できる戦争。れる無ゼロット機動演習に参加していた指揮官・副指揮官・大将・正規兵は、戦争開始時、強制的に転移されてしまう。防衛国家は戦争前に提示された領土の所持国が防衛国家となっている。この戦争の勝利国は1週間までその狩場を使用することが出来る。
レオンゲール新鋭戦
拠点などの制度は無く、対人戦のみで得点を稼いでいく戦争となっている。参加条件としてLv1-39までのキャラクターで、国家に所属していなくても唯一参加できる戦争となっている。そのため戦争NPCは中央区アスティアの各通りに設置しており、この戦争のみ、報酬が名誉ではなく経験値となっている。
レオンゲール精鋭戦
レオンゲール新鋭戦とマップもルールも同じ戦争となっている。唯一の違いとして参加条件がLv40以上ということだ。また、国家に所属していないと参加できないので、参加する場合にはいずれかの国家に所属しておく必要がある。他の戦争とも違うところは、正規兵なら名誉100、義勇兵でも名誉50が手に入るようになっている。

演習

4人、または8人のパーティーを組んで、パーティー同士による戦闘を最大16人で行なう。基本的には敵を倒すことでポイントが増え、終了時点でよりポイントの多かったパーティーが勝利する。同じレベル帯同士で戦闘を行うことができ、Lv10以上であれば参加にも制限がない。また唯一、別の国家同士でも同じパーティーで協力し合うことが出来る。その他、演習を行なうことで、PvPポイントを獲得することが出来るようになっており、一定ポイントをためれば様々な装備品を交換することが出来る。

PvPエリア

未開区域ミュルディア
別の国家に所属するプレイヤーと戦闘を行うことができる地区で、プレイヤーを倒すと名誉ポイントを獲得することが出来る上、ペナルティなどが存在しない。倒された場合、名誉ポイントが減る以外にもペナルティもないため、気軽に戦闘を楽しむことが出来る。通常のモンスターも存在しているので、しばしばモンスターの討伐目的とするパーティーとPvPを木てくとするパーティーとの間で問題が生じる。
未開区域ミュルディアと未開区域ミュルディアエル・ベドの二箇所があり後者の方がより強いモンスターが存在している。前者はLv30以上で国家に所属していれば進入できて、後者はLv30以上になって未開区域ミュルディアから入るか、ヨルティオ山脈から入ることが出来る。
アスティア地下遺跡
自分の所属しているパーティー以外は全て的で、同じ国家に所属しているプレイヤーも敵となる唯一のエリアとなっている。専用のクエストを完了しないとこのエリア自体に入ることも出来ない。ランダムでモンスターや箱が少数出現し、そのモンスターを倒すとアイテムを手に入れることが出来る。
オンラインゲームならボイスチャット!